Raspberry PiにWebIOPiをインストール

Raspberry PiのGPIOをブラウザから操作したいので、WebIOPiをインストールした。

まずパッケージをダウンロードして、解凍、セットアップ

1)sudo wget http://webiopi.googlecode.com/files/WebIOPi-0.6.0.tar.gz

2)tar xvzf WebIOPi-0.6.0.tar.gz

3)cd WebIOPi-0.6.0

4)sudo ./setup.sh

インストール終わったら、下記のメッセージが表示。Python のライブラリーがあり、細かい制御可能。またREST APIは下記にまとまっている。
RESTAPI – webiopi – Internet of Things framework – Google Project Hosting

REST APIなので、いつかApache/phpで制御する仕組みをやってみようと思う。

WebIOPi successfully installed
* To start WebIOPi foreground   : sudo webiopi [-h] [-c config] [-l log] [-s script] [-d] [port]
* To start WebIOPi background   : sudo /etc/init.d/webiopi start
* To start WebIOPi at boot      : sudo update-rc.d webiopi defaults
* Look in /home/chen/WebIOPi-0.6.0/examples for Python library usage examples

起動させる

5)sudo /etc/init.d/webiopi status

6)sudo /etc/init.d/webiopi start

ブラウザからアクセスする

7)http://raspbian-ip:8000/ for log in from other computer

8)http://localhost:8000/ for log in from Raspian itself

9)user name=webiopi and password=raspberry

ここで GPIO Header を開くと、実物順のRaspberry Pi GPIO表示され、適当に設定可能。

GPIO Listをクリックすると、Raspberry Pi GPIO番号順に表示され、適当に設定も可能。

サービスの停止

10)type sudo /etc/init.d/webiopi stop to stop webiopi service

Android アプリもある

11)from play store,download DrGPIO to Android phone to control the Pi

これがあると、GPIOの検証が楽だろう。

Raspberry Pi に液晶表示盤の回路図がないのため、基盤の結線を感で探すから、GPIO端子ON/OFFして見ると判断の手助けになる。

参考文献 -  肩に乗せてもらった巨人達:

モバイルバージョンを終了