C.H.I.P. (6) battery work

C.H.I.P. には、バッテリーの利用、充電機能がついてる。
使えるのは  Polymer Lithium Ion Battery、3.7V.
コネックタはちょっと特殊( jst ph 2-pin connector )だから、よくある買ったもの( JST XH2.54 2 Pin Connector)はそのまま使えない。
そこで、jst ph 2-pin connectorを購入して、変換することにした。

バッテリーを使う一番のメリットは、システム安定した。以前重い作業(updateとか)すると、よくフリーズする、ちょっと中国製もの遠慮勝ちになったが、バッテリーをつけると、フリーズすることがなくなた。問題は電源だね、ちょっと自信が取り戻した。

バッテリーの状態は、コマンドで確認できる。
root@chip:/home/chip# battery.sh
BAT_STATUS=0
CHARG_IND=1
BAT_EXIST=1
CHARGE_CTL=0xc9
CHARGE_CTL2=0x45
Battery voltage = 4143.7mV
Battery discharge current = 0mA
Battery charge current = 638.5mA
Internal temperature = 45.8c
そして、パーセント表示もできる。
chen@chip:~$ cat battery_perc.sh
date
REGB9H=i2cget -f -y 0 0x34 0xb9 # Read AXP209 register B9H
PERC_CHG=$(($REGB9H)) # convert to decimal
echo “Battery is at $PERC_CHG %”
chen@chip:~$
chen@chip:~$ sudo sh battery_perc.sh
Thu Sep 14 07:20:37 UTC 2017
Battery is at 99 %

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *