Raspberry Pi (5) USB to PC

Raspberry Pi Zero はWiFiもない、LANもないから、使いづらい。

USBで直接PCに刺して使えるならいいと思い、やってみた。

ハードウェア

ついてに、OLEDも繋げて、何かメッセージ見るとき便利。

完成した様子。

ソフトウェア

SDカードにRaspbianを書きこむ

いつもの方法

bootボリューム内の一部ファイルの修正

編集するファイルは3つ。

config.txt

次のコマンドでファイルを開く。

最終行に次の内容を追加。

 

cmdline.txt

次のコマンドでファイルを開く。

rootwaitquietの間にmodules-load=dwc2,g_etherを挿入。

編集後の内容は次のとおり。

 

ssh

現行のRaspbianは,デフォルトでsshによるログインが無効になっていて,モニタやキーボードを接続してローカルからログインする必要。でも,ファイル/boot/sshが存在すると,初回起動時にsshが有効になる。

以上の作業が終わったらMacからSDカードをアンマウントし,Zeroに挿入。

早速Macに繋いて動作確認。

 

Macのターミナルを起動し,次のコマンドでZeroにログインする。初期パスワードは”raspberry”。

ログインできたら、あとはLinuxとして自由に利用できる。

ネットワークに繋ぐには、Pi対応USB WiFi  ドングルを利用する。

参考

  1. http://blue-black.ink/?p=3674

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *