Mac用 Apple英字配列(US)キーボード

Macのキーボードは、USキーボードが人気そうだ。その理由は三つありました。

  1.  見た目かシンプルでかっこいい
  2.  キー配列が左右対称(日本語キーボードは左にづれている)
  3. 「delete」キー、「スペース」キーなどのよく使うキーが大きい

 

しかし「かな」キーがないため、 英語と日本語の切り替えがCommand + Space や Control + Space というショートカットで切り替えるけど、ワンボタンで出来ないので、ストレスを感じていました。

Karabiner

いろいろ探して、Karabiner というソフトをインストールすると、左Commandを英数キー、右Commandをかなキーに割り当てるように設定し、日本語入力の切り替えを行うことができた。しかしKarabinerの設定は複雑で、アップデートする際、不可解な動作する。しかも最近数回なぜか切り替えが効かない、キーボード反応が遅い現象が発生しました。一応再起動で治ることが確認した。しかしMacは普段何ヶ月もスリープ機能で快適利用するなのに、英語と日本語の切り替えのため再起動は本末転倒だ。

⌘英かな

この数日もControl + Space で我慢してますが、探してみたら、「⌘英かな」というアプリが良いそうです。

インストールして、何も設定しなくでも左Commandを英数キー、右Commandをかなキーになりました。

難しいこと考えないので、すぐ使える。来れて良い!

Tags:
モバイルバージョンを終了