「JP : デジタルライブラリ技術研究」カテゴリーアーカイブ

話題の9ドルコンピュータC.H.I.Pが届いた

Next Thing Co社の9ドルコンピュータC.H.I.Pが届いた。

去年6月KickStater注文したので、また忘れかけたころに、届いた。

最初は9ドル一台に、送料の方が高いで15ドル。その後一台追加で、トータル33ドルなり、平均一台2000円未満。

C.H.I.Pは、Raspberry Piに似ている、マイクロ・コンピュータというもの、一番大きな違いは、値段とサイズ、そして予め802.11 b/g/n Wifi とBluetooth 4.0と4GのeMMCストレージ内蔵のこと.しかもLiPoバッテリー内蔵可能。

開封して、意外に小さいと、ビデオケーブルが短いと感じる。どう繋ぐかちょっと悩んでいたが、昔のビデオ切り替えスイッチが思い出して、探し出して繋がってみたら、ぴったりじゃないか!電子機器と部品自宅に溜まる一方で断捨離は時には問題。このビデオ切り替えスイッチ捨てたら、なにか買わない繋がらないね。USBハブでキーボードとマウスをつなぎ、マイクロUSBの電源をつなぎ、それだけで完成。

4GのeMMCストレージにOS内蔵し、Raspberry Piのように、ブートSD作る必要がない。電源スイッチだけで立ち上がた。

2016-03-06 23.37.35

コンポジットの解像度は昔のVGA、WiFi設定などが十分でした。IoTのマシンとして活用する予定って、ssh、Webサービス際使えるなら、モニターが必要がない。

root@chip:~# uname -a

Linux chip 4.3.0 #10 SMP Sat Nov 14 19:10:05 PST 2015 armv7l GNU/Linux

root@chip:~# cat /etc/debian_version

8.2

Linux のカーネルは4.3.0、OSはdebian8.2でした。

BLE(Bluetooth Low Energy)内蔵のため、これだけでiBeaconの近接通知機能が試せる、LiPoバッテリー内蔵すると、数時間モバイル運用も可能、いろいろの試すが可能だ。

Onion Omegaが届いた

5月にKickStater注文したOnion Omegaが、忘れかけたころに、届いた。

Onion Omegaとは、Build Hardware with JavaScript, Python, PHPという、非常に小型のLinuxコンピューター。Wifiを搭載しており、クラウドなどにデータを送ることが出来るのが特徴。

大きさ: 28.2mm x 42mm
CPU: Atheros AR9331 400MHZ MIPS (Wifiを積んでいるSoCです)
RAM: 64MB
Flash: 16MB

WiFi: 802.11b/g/n 150Mbps
GPIO: 18ピン
USB: USB 2.0

入力電圧: 3.3V
消費電力: 0.6W

 

2015-10-26 14.43.34

黄色封筒に、本体、ドック、リレーモジュール、ミニドック(おまけの)、4つ小箱に入ってる。

 2015-12-01 18.14.34

ドックに本体、リレーモジュールを取り付けた様子。

電源を付けて、https://wiki.onion.io/ をみながら、Getting Started.

そこまでWebでWiFi設定、アップグレード画面見れて良かったが、

Flash: 16MBしかないので、USB メモリでRootfsすると、WiKiみながら、作業を開始。まず、USB メモリ認識されない! /dev/sd* 何もない。

https://wiki.onion.io/Tutorials/Using-USB-Storage-as-Rootfs

そのまま置いて、翌日みたら、もうOnion Omegaに繋がらない。サポートに連絡すると、なんかreflash the firmware必要って。困った!

reflash the firmwareできたら、またレポートする!

自宅NURO導入まとめ

 

一年間WIMAXで我慢して、遂に自宅NURO導入することになりました。

しかし、家の構造上、二階のリビングルームに引き込むしかできないと言われ、作業部屋とサーバルームは一階だから、困った。

せっかく2Gも高速なブロードバンドインターネットだから、有線配線したい。

事前に屋内電話配線利用できないかとチェックした。電話コンセント開けて見ると、LANケーブルで電話配線したので、早速壁式LANコンセントを注文。

2015-10-15 13.22.16

NURO回線設置した。電話コンセントしたから、光ファイバーを出して、隣のONU(光アダプター?)に繋ぐ。そのONUまたTAに繋ぐ。

 

2015-10-15 14.54.35 2015-10-15 16.03.54

固定電話も使わないね。電話コンセントを外して、LANコンセント付けた様子。

2015-10-16 11.23.49 2015-10-16 11.29.49

元の位置に戻す、蓋を被る。

2015-10-16 12.01.03

一階作業部屋とサーバルームにもLANコンセントを設置して見た。

ところで、予想した二階のリビングルームと一階作業部屋とサーバルームのケーブルはつながっていない!!!こうなるとすべて部屋の電話コンセントを外して調べてみると!

なんと二階のリビングルーム電話コンセントは三階の寝室に繋がっている、そこから三階の子供部屋、一階作業部屋の順に配線してた。職人さんが何を考えてるね。配線は長くなるじゃない?

LANケーブル2ヶ所もカットされ、どう繋ぐには悩み。

LANケーブル延長コネクターで繋ぐすることも考えられるが、LANケーブルにモジュラープラグの取り付けは、専用道具が必要だ!

2015-10-16 11.43.04

とりあえず、三階の寝室と三階の子供部屋のLANケーブルを連結する。容易に繋ぎのため、昔のRS-232Cのコンセント土台として利用。外にビニール袋を被て、元に戻して完成。スマートじゃないけどな。

いつかLANケーブルにモジュラープラグの取り付ける専用道具が借りれたら、またやり直す。