Category Archives: Mobile Device

モバイルでの処理速度のテスト結果を Test My Site で確認

記事で、Googleの「TEST MY SITE」を知り、モバイルでの処理速度のテスト結果を Test My Site で確認可能。

「TEST MY SITE」
https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

早速テストして見た

このような画面が見える

「無料レポートを取得」をクリックすると、メールアドレスの入力する。しばらく待つと、

このようなレポート

Nexus7(2012)の電源が入らなくなったの修理

約2年まえ当たったNexus7(2012)の電源が入らなくなった。

直接の原因は、数か月前家内が一度ゲームに熱中し、バッテリー完全放電したかもしれない。その後充電が時々おかしくなり、遂に充電できなくなった、バッテリー0%のままになり。

電源づけばなしでしばらく我慢したが、Android5にアップグレードするため、バッテリー50%ないとできない。ネットで調べると、一度バッテリー外してしばらくしてつなぎ直しと修復する場合があると、この際壊れても仕方ないと意を決してばらして修理を試すことにした。

2015-01-17 12.08.16

なんか、なぜかバッテリーはふらふらするね。外してみたら、バッテリーは両面テープで固定しただけ。

しかもバッテリー(上記画像)右のところ両面テープちゃんと基盤とバッテリーと貼ってあるが、左部分配線のため薄いので、両面テープは基盤にしか貼りつけてない。だからふらふらする。

おそらくこれぞと、左に2重両面テープで厚みを追加、しっかり基盤に貼りつけた。組み立て見るとバッテリー100%。またしばらく持ちそうだ。

2015-01-17 18.04.41

Nexusの組み立ては甘いね。改めて修理する前の写真を見ると、バッテリーケーブルと基盤繋げの部分金属が見えるので、接続不良だね。

そういえばスピーカーの音も接続不良も感じがする、ついてにその部分ばらして見ても、悪いところ見つからないので、内蔵音声があきらめる。

epub形式での電子書籍をKindleで読む方法

達人出版会で購入した電子書籍一覧から、epubとpdf形式をダウンロードできる。

pdf形式は、Kindleでは小さくて読みつらい、試しに7Inchと9.7Inchのタブレットを閲覧してみると、7Inchはまた読みつらい、9.7Inchのタブレットなら快適に読める。

Kindleで用いられている電子書籍フォーマットは、epubではなくmobiだ。Kindleで電子書籍フォーマットで読むにはepubをmobiに変換する必要がある。

Kindleの電子書籍変換ソフトを探してみると、アマゾンのKindleプレビューツールが変換できるとわかった。Kindleプレビューツールは、KDPツールとリソースからダウンロードできる。

試しにWindows (XP、Vista、7)用Kindleプレビューツール v2.92をダウンロード、インストールして、epubのファイルを読み込んで見た、すると下記の画面が見え、自動的にKindlegenを使って本をコンパイルしている。

image

しばらくすると、コンパイルが終わり、下記の画面が見える。

image

OKで閉じたら、下記のプレビュー画面が表示される。

image

KindleをUSBでPCにつなぎ、出力ファイルをkindleにコピーすれば、Kindle Paper Whiteからも閲覧できた。

2014-04-26 12.31.33

欲ができ、Kindleのパーソナルド・キュメントに置けば、Kindle Paper Whiteだけてなく、iPhone, タブレットのKindleでも読めて、変換効果を確かめこてもできるが、転送できなくで失敗した。

まずいつものメール添付を試み、しかし50Mあるサイズ制限に引っかかり、送信できなかった。

そいえばパーソナルド・キュメントAmazon Cloud Driveに移動したという知らせが先日が来た。ならば出力ファイルをAmazon Cloud Driveの「Send-to-Kindleドキュメント」にコピーすればよいと考えたが、残念ながらコピーしたファイルは、Kindle Paper White、iPhone, タブレットのKindleにどれも確認できない。

最後の手段として、DropBoxで共有するだ。しかしmobiフォーマットは、iPhone, タブレットのKindleは読めない、PDFで読むことになる。

***

その後、epubフォーマットの電子書籍は、Play Booksで読めることがわかった。Androidのタブレットなら、Play Booksをインストールしたら普通に読める。一度取り込めれば、異なるデバイスのPlay Bookでも、同じ電子書籍がよめる。

iPhones5SのMNP契約

2006年SBMの社名、ブランド名始まった頃の家族x2ユーザで、7年あまりの歳月、「ガラケー」とX01HT HTC Hermes 200, iPhone3G, iPhone4と3世帯のスマートフォンを利用した。

しかし2台のiPhone4契約の解約は共に違約金払う羽目になった。これにうんざりして、去年の7月スマートフォンから「ガラケー」に戻りの決め手になった。

あれから半年、iPhones5SのMNP契約した。LTE使い放題でも以前3G Offより安いので、安心して利用して、3G Offための楽天ブロードバンドLTEも解約へ検討する。

指紋でログイン、Movesで健康管理、少々感動がありました。

Android 4.4 Release

手持ちのNexus 7のヘッダーに、Android 4.4 Releaseでき、アップグレード可能とメッセージがあり、早速アップグレードした。

目立った改良がないが、ローエンド端末への最適化、ウェアラブルデバイスへの対応改善、NFC決済機能の仕様変更、Bluetoothプロファイルの拡充などあるらしい。

手持ちのAndroid 機械7台もあり、バージョンも最古の1.6からバラバラ、OS X Mavericks 無料アップグレードのようなチャンスが期待していた。

古い機種やローエンド端末、スマートTVスティックなどのハイスペックにできない端末でもAndroid 4.4‟KitKat”を使用することが可能で、早く叶ってくれ!

kindle中国語アカウント

Kindle Paperwhite 買ってから、利用率徐々に下がり、7インチのAndroidタブレートOnda V711 とNexus 7が入手してからもうほとんど触らなくなった。

先日持っているkindle中国語アカウントを設定してみたら、「西遊記」、「水滸伝」、「三国演義」などあるじゃないか!

十代ころ読んだ小説は、いまは読んでさらに深い意味が受け取れる。

20130926-112415.jpg

これてKindle Paperwhiteの利用率大分上がり、いまになって初めてケースも買って付けた。

Android 4.3 Release、消費電力アップ?

Android 4.3 Releaseされ、手持ちのNexus 7純正品のメリットを活かし、早速アップグレードした。

ところで目立った改良がないが、消費電力がひどいようだ。以前Nexus 7使いたいとき、大抵バッテリー残量があり、使うことができた。Android 4.3にアップグレードしてから、使いたいとき大抵電池切れ状態。

なにか省電力の設定が変わったところがあるかな?

スマートフォンから「ガラケー」へ

携帯電話がスマートフォンからガラパゴスケータイ(あるいは それを略して「ガラケー」)へ逆戻りした。

最近6年間、使う携帯電話はSBのWindowsCE, iPhone3, iPhone4と進化してきたが、この逆戻りはいくつの理由がある。

  • 手持ちモバイル・スマート・デバイスが大量に増えた
  • iPhone5はLTEのため、更に維持費が高くなる
  • 格安の通信用SIMの大量登場
  • スマートフォンの電池持ちが悪い

いまはMacBook, Nexus7, Lenove A789, iPhone4 持ち歩くので、さらにお金をかけてiPhone5を持つメリットが少ない。iPhone4が2年縛りすぎでも維持費が減らないので、だから一層「ガラケー」に戻り、携帯電話の維持費も980円に激減した。また「ガラケー」は一回充電すると3−4日が持ち、電話のためにスマートフォンの予備電池も持ち歩く必要がなくなった。

通信用SIMは去年から楽天ブロドバンドLTEを使っている、月980円程度で、スピード少々遅いくらい、概ねに満足している。現在いろいろさらにお得な商品登場したから、いつか見直すつもり。

ちなみにスマートフォン2年契約の憂鬱として、なんど解約無料の月は契約の切り目ではなく最初の契約月から。実は5月ころ、iPhone5へ機種替えを検討し、携帯ショップへ相談したが、iPhone4購入は7月だから、解約無料の月7月に再度相談すると考えた。

ところで7月あけ、携帯ショップへ相談したら、いまのスマートフォン契約切れ一ヶ月前と思ったところ、契約切れ一ヶ月後になってしまった。結局僕と妻の2台iPhone4契約の解約は共に違約金払う羽目になった。

もううんざり、これは「ガラケー」に戻りの決め手だったかもしれない!

Android携帯電話Lenovo A789購入した

4月中旬で中国でAndroid携帯電話Lenovo A789購入したが、昨日やっと手元に届いた。

中国本土のAndroid携帯電話が、Google関連の機能が切り捨てられた場合が多い。だからLenovo制、しかも国際仕様(珍しい2G:GSM: 850ある)だから、Google Play あると期待しているけど、裏切られた。さらに手元にある楽天BBのSIM入れて、設定してもネットにつながらない。

こうなったら、冒険するしかない。早速Firmwareの書き換えを試みる。

数時間の情報収集、書き換え作業で、LewaというカスタマイズROMの入れ替えを成功。Google Playが使えるようになった。再度楽天BBのSIM設定して、めでたくネットにつながった。

A28-046-5L9_09

 

カタログでは、主屏分辨率: 800×480像素、スペックチェックツールもそう表示されている。しかし自制AppInventorのアプリを入れると、なぜか483×320しかない。

Nexus 7 vs Onda V711

今回抽選のNexus 7と 一月購入したOnda V711の比較。

当選したNexus 7は、Onda V711より遥かにハイスペックだ。操作がストレスがない。またIP電話の050Plusも対応するので、大いに活用すると思う。

大きな違いは、センサー類が豊富。特にNFCでいろいろと楽しめると思う。

 

Nexus 7(32GB) Onda V711
OS (Last) Android 4.2.2 Android 4.1.1
CPU NVIDIA® Tegra® 3 quad-core processor 1.30 GHz Amlogic 8726-MX 1.5GHz, Dual Core, ARM Cortex A9
GPU 12-core GPU
416MHz Nvidia GeForce ULP
Mali-400 MP
Internal storage 32 GB 16GB
External storage Micro SD(HC) <=32GB
RAM 1 GB DDR3 1 GB DDR3
I/F 1 x USB
1 x Earphone jack
1 x HDMI
1 x USB
1 x Earphone jack
Screen 7” 1280×800 (216ppi) HD IPS
10 finger multi-touch support
7.0英寸1024×600 IPS
5 finger touch support
Bluetooth 3.0+HS (Broadcom BCM4330とAzureWave AW-NH665)
NFC NXP 65N04
Accelerometer Invensense MPU-6050 Yes (G-sensor)
GPS Broadcom BCM4751
Gyroscope Yes
Magnetometer Yes
Camera 1.2MP front-facing
Aptina MI 1040
Front Camera: 0.3 MP
battery 4,325 mAh / 8時間 (16 Wh) 3,200mAh / 5時間
Demention 198.5 x 120 x 10.45 mm 197*123*9.8 mm
Weight 340g 327g
Ranking in Antutu 12726 7605
Price $249 ? $99 ?