Ubuntu

Ubuntuとは

UbuntuはDebian GNU/Linuxをベースとしたオペレーティングシステム である。Linuxディストリビューションの1つであり、自由なソフトウェアとして提供されている。カノニカルから支援を受けて開発されている。開発目標は「誰にでも使いやすい最新かつ安定したOS」を提供することである。

リリースには通常版と長期サポート版 (LTS: Long Term Support)がありサポート期間が異なる。通常版のサポート期間はリリースから9ヶ月である。6~9ヶ月ごとにバージョンアップしなければならないが、新しい機能を望むユーザーに向いている。長期サポート版(LTS)は2年間隔でリリースされ、サポート期間はリリースから5年である。安定を望むユーザーに向いている。

最近のリリース

バージョン コードネーム
テスト版の名前
リリース日 サポート期限 おもな新機能と変更点 備考
16.04 LTS Xenial Xerus 2016年4月21日 2021年4月 長期サポート (LTS)、Python 3への完全移行、Snappyの導入 LibreOffice 5.1
Linux Kernel 4.4
16.10 Yakkety Yak 2016年10月13日 2017年7月 LibreOffice 5.2
Linux Kernel 4.8
17.04 Zesty Zapus 2017年4月13日 2018年1月 LibreOffice 5.3
Linux Kernel 4.10
17.10 Artful Aardvark 2017年10月19日 2018年7月 デスクトップ環境がUnityからGNOMEに戻る、32bit版Ubuntuの提供停止。 LibreOffice 5.4
Linux Kernel 4.13
18.04 LTS Bionic Beaver 2018年4月26日 2023年4月 長期サポート (LTS) LibreOffice 6.0
Linux Kernel 4.15

現在バージョン確認

$ cat /etc/os-release
$ lsb_release -a
$ uname -a
$ cat /proc/version

アップグレード方法

/etc/update-manager/release-upgrades のPrompt がnormal もしくはlts になっていることを確認する。通常はnormal、ltsはLTS版のみアップグレードする。

インストールされているパッケージをアップデート。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

不要なパッケージが存在する場合は、以下を実行。

$ sudo apt autoremove

次に、バージョンアップでの依存関係等のアップグレード。

$ sudo apt dist-upgrade

新バージョンをチェックし、’/etc/apt/sources.list’をアップデート。

$ sudo do-release-upgrade

実行してみると、新バージョンがあると以下のようなメッセージが出た。

Checking for a new Ubuntu release
No new release found.

その場合は、以下のように’-d’のオプションをつけて実行すると、アップグレート出来る。

$ sudo do-release-upgrade -d

実行すると、アップグレードが始まり。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Digital Library for Private use