About

陳 泓 博士(人間科学)

情報の個人化とソーシャル・メディア、IoT 、クラウド の連携を研究。

ユビキタス・パーソナル・スタディ(UPS)という理想な個人空間を提唱し、ユビキタス「個人書斎」に情報を集中して、いつでも、どこでも情報の共有、推薦できる環境を構築することが目的とする。

さらにほしい情報(ソーシャルストリーム(Social Stream))を世界のソーシャル・メディア中から引き寄せ、ソーシャル・ユビキタス・パーソナル・スタディ(S-UPS)として発展させ、実世界での情報行動・知識作業とデジタル空間とのシームレスな融合を図った「個人書斎」である。

IoT技術を活用し、ICタグ、 Beacon などを利用して、利用者に適時適地情報を推薦し、利用者の「ライフログ」も可能な範囲で収集し、常にプライベートクラウドのような安全なところに保存するように、「個人書斎」をクラウドにマッピングする(USP Cloud)もデザインしている。

Free Software

Web sites:

Computer Scientist