「Google Nest Wifi」2台セットを試す

自分が買うなら、絶対買わないだが、「Google Nest Wifi」2台セットを試す機会がありました。

Google Nest Wifiは、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応の同時デュアルバンド(2.4GHz/5 GHz)対応Wi-Fiで、1台で最大100台の接続デバイスに対応可能。親機となるルータ1台で120平方メートル(約36坪)、拡張ポイント1台で90平方メートル(約27坪)、ルータ1台と拡張ポイント2台の組み合わせで約300平方メートル(約90坪)という広範囲をカバーする。Wi-Fiルータ(親機)と組み合わせて使う拡張ポイント(無線LANアクセスポイント)がそのままGoogle アシスタント搭載スマートスピーカーになっている。

税込みの価格は、ルータと拡張ポイントのセットが3万1900円、これは高いね。自分なら買わない。

このGoogle Nest Wifiもプロにとって戸惑いばかり。セットアップにはなんとスマートフォンのアプリを入れないといけない。iOS用/Android用アプリ「Google Home アプリ」。まー、このアプリも昔々入れましたけど。

学校のネットワークでは、固定IPなので、スマートフォンのアプリを本体に接続し、何度も何度も固定IPなど数字たくさん入力して、しかし動かない!!!

途方もないところ、もしかしてDHCPならと、別のDHCPあるルータの下に繋げたら、設定できる状態になった。この状態で固定IPなどの数字たくさん入力して、遂に動いた。

次は、このルータは同時デュアルバンド(2.4GHz/5 GHz)対応Wi-Fiだが、SSIDが一つ固定になり、分けられない。

普段IoT関係の実験は2.4GHz、パソコンは主に5 GHzとし、別々SSIDで利用するが、SSIDが一つ固定になることが、また困るね。しばらく試すつもりだが、これじゃ使う機会が少ないね。

AC1200 メッシュWi-FiシステムDeco M3を試す

自分が買うなら、絶対買わないだが、AC1200 メッシュWi-FiシステムDeco M3を試す機会がありました。

このDeco Mはすでに生産停止、店の在庫セールで買った感じ。

最初からプロなら戸惑いますが、説明書を見ると、セットアップにはなんとスマートフォンのアプリを入れないといけない。最近電子機器ごとに対応アプリを入れないといけない、もうスパホでこの種類のアプリいっぱいでしばらくすると、どれか何に使うか、さっぱりわからない。

学校のネットワークでは、固定IPなので、仕方なく、スマートフォンのアプリを本体に接続し、IP数字たくさん入力して、遂に動いた。

リピータもそのスマートフォンのアプリで設定しました。

スマートフォンのアプリだけ、いつも見られるWeb設定画面がなく、不安だね!

Mac用 Apple英字配列(US)キーボード

Macのキーボードは、USキーボードが人気そうだ。その理由は三つありました。

  1.  見た目かシンプルでかっこいい
  2.  キー配列が左右対称(日本語キーボードは左にづれている)
  3. 「delete」キー、「スペース」キーなどのよく使うキーが大きい

 

しかし「かな」キーがないため、 英語と日本語の切り替えがCommand + Space や Control + Space というショートカットで切り替えるけど、ワンボタンで出来ないので、ストレスを感じていました。

Karabiner

いろいろ探して、Karabiner というソフトをインストールすると、左Commandを英数キー、右Commandをかなキーに割り当てるように設定し、日本語入力の切り替えを行うことができた。しかしKarabinerの設定は複雑で、アップデートする際、不可解な動作する。しかも最近数回なぜか切り替えが効かない、キーボード反応が遅い現象が発生しました。一応再起動で治ることが確認した。しかしMacは普段何ヶ月もスリープ機能で快適利用するなのに、英語と日本語の切り替えのため再起動は本末転倒だ。

⌘英かな

この数日もControl + Space で我慢してますが、探してみたら、「⌘英かな」というアプリが良いそうです。

インストールして、何も設定しなくでも左Commandを英数キー、右Commandをかなキーになりました。

難しいこと考えないので、すぐ使える。来れて良い!

Digital Library (Japanese)