chen のすべての投稿

ばらす前提の外付けHDD注文

先日購入したマイクロサーバは、ハードウェアにRAID1対応で、自宅サーバデータの信頼性の向上が可能になった。

2TBクラスのHDDが2個持っているが、ところで、2TBのRAID1を組むため、初期化しないと行けない。そうすると既存データの保存場所が必要になる。

いろいろやりくりしてしのげることも不可能ではないが、手間とミスを考えると、新たに2TBクラスのHDDを一個注文した方がいい。

昨日からサイトと実店舗を回して、結局いつも買い物しているNTTXに決定(マイクロサーバもここに購入したけど)。外付け2TBクラスのHDDが会員割引クーポンを使うと、バッファローのドライブステーションHD-LS2.0TU2Cの販売価格 : 7,280円になる。単体より1500円くらい安くなる感じ。多分USB3.0の製品が増えたから、USB2.0の製品が割引して処分するのでは。中身は大したかわらないでしょう。

Googleして、バッファローの外付けHDDばらす記事があるから、自分の腕なら大丈夫でしょう。ばらす自体も楽しみの一つだけど。

Raspberry Piで無線ルーターを作る

Raspberry Piを買ってから、いろいろ試した。

Google+でたまたま、Setting up a Raspberry Pi as a WiFi access point記事を目にした。制作にかかった。家にはすでに常時2台無線ルーターが稼働しているので、ただの無線ルーターじゃ面白くないので、そのうえ同じサイトのOnion Pi の記事を参考しながらTor Proxyサーバを立てた。

Proxyサーバが匿名アクセスなどいろいろメリットがあるが、サーバのプロとしての用途もいろいろ、たとえば外から自宅サーバのアクセス性をテストするとか、自宅限定テストサイトが本当に限定されたかとか、自宅からのみアクセスを制限した管理ツールが本当に制限されたとか、自宅以外のIPからのアクセスのテストが時々必要になる。今までわざわざVNCで外にあるサーバの画面を開いてから覗くなり、スマートフォンのWiFiをOFFして、モバイルネットから覗くなりなど対応してた。

既にRaspbianのインストール、USB-WiFiの接続が済んたので、上記のページを参考に進めると、順調に無線ルーターとして機能し、Tor Proxyサーバも立てた。

試しに、iPhoneから立てたRaspberry Pi無線ルーターに接続すると、確かに自宅サーバ以外のIPでウェイブサイトにアクセスすることができた。

詳しい製作過程は、気が向いたらWIKIへ(http://digilib.org/xoops/modules/xpwiki/)まとめる予定。