RAID5は信用できない?

RAIDを検索して、HDDに関する有意な情報があった。

結論からいうと、Mirrorの方が有効で、必ずコピーが3つ存在する方が信頼性ある!

CMU’s Parallel Data LabのBianca Schroeder氏が、
現実世界でのハードディスクの故障:平均故障時間100万時間とは一体どういう意味なのか?

    ハードディスクに関する以下の常識はいずれも根拠のないものだという内容です。
    1.高価なSCSI/FCドライブの方が安価なSATAドライブよりも信頼できる
    2.RAID5が安全なのは2台のドライブが同時に故障する確率がとても低いため
    3.初期の故障しやすい時期を超えれば耐用年数に達するまで壊れないという信頼が高まる
    4.ハードディスクメーカーのいうMTBF(平均故障間隔)はハードディスクドライブを比較するのに有益な尺度である

アリエル エリア – ドキュメント-Google File System(GFS)技術メモ
Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する – GIGAZINE

Googleの検索インデックスを、必ずコピーが3つ存在するというのは、信頼性は上だということで正しいようです

参考:

ハードディスクに関する4つの都市伝説

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *